出張査定のデメリット

出張査定

「食器を売りたいけどお店に行く時間がない」、という方にオススメなのが出張査定です。
出張査定であれば、買取業者が自宅や会社まで来てくれますので、時間や手間を省けます。
しかし、デメリットもありますので、利用する前に一度確認しておきましょう。

・自宅や会社で待機しておく必要があります

買取ショップで提供している「出張査定」のサービスですが、これはその言葉通り、自宅や会社まで出張して査定してくれるサービスです。
もちろん利用側の都合の良い時間帯に合わせてくれますか、スタッフが到着するまで待機しておく必要があります。
また、査定の際も立ち会う必要がありますので、ある程度の時間を要します。
しかし「宅配買取」であれば、そのような時間は必要がありません。
食器類は数が多いと査定に時間を要することも多いので、時間を確保できない方は他の方法を選択するなどの配慮が必要です。

・断りにくい雰囲気があります

出張査定は断りにくい、これもデメリットの1つではないかと思います。
食器類はその状態が査定に大きく影響してきますので、場合によっては満足できない価格になることもあるでしょう。
そういう場合、なかなか断りざらい雰囲気があります。
買取ショップのスタッフはわざわざ遠くから来てもらっているので、そのような気持ちなる人もいるようです。
これは性格などの問題もありますが、断るのが苦手な方は注意しておく必要があります。
出張査定を利用する際は、そのような事態も考慮して選択することが大切です。

・デメリットも確認しておきましょう

買取ショップでは様々なサービスがありますが、その中の1つが出張査定です。
出張査定はとても便利ですが、デメリットもありますので注意しておく必要があります。

関連する記事